« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月22日 (土)

フライでソウダ

11月21日 寒くなってきました。 そろそろ終盤の青物を狙って鹿島へ行ってきました。

夜明け頃到着。 初めはアジングをしたんですがスカ。 やっぱ暗くないとダメか・・・

お次は本命青物を捜して、フライとルアーのフル装備で鉄火場へ・・・ 途中ソウダのボイル発見。 とりあえずルアーをキャストするんですが、いつも通りの全力疾走には追いつきません。 右に左に翻弄されっぱなしです。 そうこうしてる間に、さっき通ったあたりに鳥山です。 どうせソウダで戻った頃には終わってるな・・・ と思って横目で見てたんですが、すぐには消えません。 よし! 早歩きで戻ると、丁度終了。 自転車で駆けつけた方がジグでイナダを2本ゲットして行っちゃいました。 でも大丈夫。 ここのイナダは内房と違って、いる時にはボイルしてなくてもいけます。 内房はベイトがたくさんでイナダは少なめ、鹿島はいるときはイナダは大量に入ってる感じです。 ボイルも、内房ではイナダの群が移動しておきるんですが、こっちはベイトの群が移動してその辺のイナダがボイルしてるようです。 イナダが今いる! とわかればもうもらったようなもんです、ジグを沈めてすぐヒット!

P1040872

それからはほとんど入れ掛り状態でした。

近くにもいるんですが、底の方にいるんでフライでは無理。 ちょっと残念。 今年はイナダがいまいちだったんで、一年分ルアーで思いっきり楽しみました。

いくつ釣ったか? 不明。 流血してないのはリリース。 近くの餌師の方にももらってもらいました。

P1040870 すぐ近くにハヤブサが飛来!? 

つかまえて来た餌を食べ始めました。 ほんの3mくらいの距離です。 警戒心の強い猛禽が・・・ 信じられません。 海では釣人は風景の一部なんでしょうか? こんなチャンスはめったにないんでじっくり観察。 餌はウズラ。 ウズラも最近野外ではめったにいない鳥。 渡りの途中だったんでしょう。 バリバリガツガツ、音まで聞こえてきます。 バイクの接近で飛んでっちゃいました。

釣り再開。 イナダは満喫。 もう動けないよ~ってくらいずっしりです。 ウスバハギを1つくらいゲットして終わろう・・・

ボラの大群発見、と思ったら、なんと! ソウダの大群。 海の色が変わるほどいます。 ボラみたいに泳いでます。 いつもの全力疾走じゃありません。 寝てんの? これならフライで余裕です。 とりあえずミノーをキャスト。 すぐにソウダの群で見えなくなります。 なんか1匹が首を振ってます。 ヒットしてました! 目が覚めたのか? 全力疾走開始、楽しー!

P1040879 ソウダ

マルとヒラの識別点がよくわからないんでどっちでしょう? 館山で釣ったソウダとちょっと違う感じがするんでヒラソウダ? 

平たいのか? う~ん・・・

なんかこっちも群に落とせばほぼヒットです。

P1040880 フライも真っ赤

血の気の多い魚だ

こっちもいくらでもいけそうです。 まったくー、イナダ爆の日に限ってこうなんだから・・・ なんて超嬉しいんですけどね。

フライでソウダ爆なんて、って言うか、青物爆は初めてです。 ここは先へ行く釣人の通過地点でソウダ狙いは誰もいないし・・・ やりほうだーい。 楽しかったけどいろいろ限界が近づいて終了しないと・・・ ハゲはもういいや、で終了です。

P1040882いっぱい釣れたー

イナダ 最大 45㎝

ヒラソウダ 最大 40㎝

流しからあふれる~

.

イナダは内房産の方が数段うまいような・・・ ソウダは美味かったようです。 これだけの魚をさばいた直後って、あまりおさしみが美味しく感じないのは私だけ? 

後日、いろいろ検索した結果、ヒラソウダでした。 間違い無し。

 

 

   

 

2008年11月17日 (月)

満月がらみの大潮

こんな時はいい思いしたことありません。 夜が長くなって、釣る時間もたくさんあったんですが、夜中はほとんどド干潮。 引ききるまでが勝負でした。

11月15日 朝 近所の堤防へ散歩。 フッコの気配はありませんでした。 もう秋のピークは去ったのかな?

フッコ狙いの人は減ったんですが、ヒイカ狙いの人が増加中。 小耳に挟んだんですが、なんかとてつもない数があがるそうです。 

はちじゅっぱい↑!?

勿論上手い人の釣果です。 今度やってみようかな?

夜は一周コース。 勝浦エリア着時には既に引き始めてました。 時々雨がパラつく天気は幸いです。 厚い雲が月をシャットアウトしてくれます。 メッキとセイゴがバタバタっとヒット。 アジは小さいのがちょっと。 内房でイカの餌にしよっと。

P1040779 メッキもセイゴも見えるんでつい熱くなってしまうんですが、だんだんスレてチェイスのみになってきました。 これはこれで面白いんですが、下げつつある潮にせかされてアジを求めて移動。

干潮時には水が無くなってしまうポイント着。 セーフでした。 アジライズ多発です。 何も示し合わせてないんですが・・・ また、ハギーさんともお会いして、2人で狙います。

初め大きめミノーでヒットしたんで、ライズの数からしてかなりいけそう・・・ なんて思ってたんですが、てごわい! ルアーでもなかなかヒットしないようなんで、プランクトン? 極小ミノー? いろいろ試してるうちにどんどん引いてきて、水深2~30㎝。 それでもライズが続いてました。 

イブニングにライズの嵐、でもパターンがつかめない・・・ まさにそんな心境。 イブニングは暗くなって終了、こっちは水が無くなって終了。 フライフィッシングはどこでも忙しい釣りだ。 ようやくマッチしたのか? 引っ張り方を変えたためか? パタパタっとヒットしたんですが、そこは水が無くなって終了。 引っ張り方ですが・・・ ポイントは浅くて、向かって左から右へかなり速く流れてます。 そう、川みたいに。 川でのライズをウエットで狙う感じです。 海だからって、ただ正面にキャストして引っ張ってきてもダメってこって・・・ めんどくさいんでこのへんで・・・

ハギーさんはまだ勝浦付近でアジを狙うようでポイント移動。 今まで、ドシャローはフライの独壇場かと思ってたんですが、水が無くなるギリギリまで根掛り無しです。 あなどってました・・・

一段深くなってる場所でライズ発見。 さっきのポイントのアジはこっちへ移動したもようです。 ヒットもするんですが、海草絨毯が干出していて、フライもラインも魚もみんなからんじゃって・・・ やっぱこうなったらここは終わりですね。 1つキャッチでやめました。

南房へ移動。 月も出てきてしかも干潮、でアジはダメです。 こんなときはスズキ。 ちょっと期待してたんですが、いません。 トウゴロが時々ざわつくのはカマスがいたからでした。 内房へ移動して寝ました。

寝坊しました。 起きたら、目の前に大規模鳥山、イナダがボコボコです。 慌てて準備したんですが間に合いませんでした。 次のチャンスをイカ釣りしながら待ちます。

鳥山接近! イナダも終盤にはまとまるのか? 頻繁ではなくなったんですがボイルの大きさが広範囲。 よし来い、よし来い! そこへ漁船が2隻突っ込んで網を・・・ あ~あ、しおしおに期待はしぼんでしまいました。 目の前で・・・ 網を上げた漁船がこっちへ接近。 満面の笑みで、イナダだ~!って、両手で持って見せてくれました。 1匹くれるのかと思ったら、行っちゃいました。

それ以来さっぱりなんで終了しました。 やっぱ満月がらみの大潮はいまいちでした。

P1040842 アジ 最大28㎝

最小は餌で使用

カマス 24㎝

.

.

P1040846 アジストマック

シラス?

トウゴロ?

.

.

.

・今日の常夜灯

P1040836 アジ

   

  

 

  

2008年11月10日 (月)

内房開拓

アジングといえば外房ですよね。 私もアジングというジャンルがないときから通ってました。 そのまま少しずつ南下して南房。 南房の方が型がいいけどはずれも結構・・・ よって外房でとりあえず食う分確保で南房で尺アジ狙い、というのが今んとこのアジングコース。

だけどどちらも荒れるとねえ・・・ 波静かな内房でいいとこあればなぁ・・・ 出撃直前までは、房総一周コースを考えてたんですが、メインは、今美味しい内房のイナダをフライで! だったんで。 それに、イナダは夜もいけるようだし、アジングポイント捜しもかねて内房オンリーです。 どうかな? その前に、近所のフッコの状況・・・

11月8日 早朝 東側 北風がやや強め、鳥少なくボイル無し。 ダメそうだったんですが、70位の大きめが水面でヒット。 足元でバレたんですが、気配が無くてもいるんですねぇ。

P1040826 11月10日 早朝 東側 小雨 鳥少なくセイゴのライズのみ。 寒かったです。 でも、ウェーディングしてるルアーマンがいました。 私も寒くてもちょっと頑張ろう・・・

ちょっとやったんですが全くでした。

それでは、内房開拓編

11月8日 夜、そんな訳で内房の良さげなポイントを廻ったんですがアジはスカ。 外向きのシャローで常夜灯がらみの、外房だったら絶対ってポイントもあったんですがだめでした。 カゴ釣りではアジ釣れてんですけど~ フライではさっぱり。 ムツくらいです。

マイワシがたくさん入ってる港があったんで、とりあえず最低限の食う分はなんとか確保。 あきらめて寝ました。

朝は今回のメインのイナダ。 フライでいけそうなボイルを捜してうろついていたら、ハギーさん達にまた会いました。 ほんと、よく会いますねえ・・・

ハギーさん達は一周コースだったようです。 で、外房はいまいちで南房でクラ満だったそうです。 

クゥ~、南房行っときゃ良かった~。

ハギーさん達もこれから青物狙い。 話をしてる前でソウダらしきボイルが頻発。 ジュビジュバのザバザバです。 でも、フライでは絶対追いつかないスピードで神出鬼没。 私ははなっから諦めてます。 やってください、とお願いしたんですが、私がいるとやりにくそうなんで移動しました。

前回イナダゲットのポイント。 釣人はエギンガーのみ、イナダ狙いは私だけ。 先週と同じように、イナダは小魚を追い込んでボコボコやってました。 いただきー。

待てどなかなか・・・ やっと来たー と思ってもボコボコしないで通り過ぎていきます。 左右のエギンガーがシャコシャコ、シュッシュッシュッっとしゃくってます。 ちょっとイラッとするんですが、上手い人はアオリゲットしてました。 イナダが来るまで暇なんで、私もまねしてやってみました。 でも、あんな風にシャコシャコできません。 まねしてたら先っぽにラインがからまっちゃって、ほどいているうちに、ン? なんか重い。 コウイカです。 へへ、どーだ! って感じで抜き上げてつかもうとしたらボットンでした。 今回はついてないです。 

エギング中にイナダのボイルもありました。 イナダに専念です。

とりあえずルアーで1本ゲット。 ホッとしたんでいよいよフライで・・・

目の前でボコボコ発生。 ユリカモメキャッチ。 ラインが羽にからまってました。 まっかな口を開けて怒ってます。 つつくんでネットをかぶせてラインをほどきます。 必死だったんで写真撮り忘れたのはちょっと残念。 フッキングしてなくて良かった~。 

ルアーは、キャスティング時にルアーの重さでラインにテンションがかかってるんで、羽があたってもパシッとはじくんですが、フライは軽いから・・・ 私のキャスティングもへたなんですが・・・ こうなりやすいかも。

何度もチャンスはあったんですがダメでした。 次回あるかな?

これからも時々内房開拓やっていきます。

P1040830 イナダ 45㎝

ムツ 20㎝

マイワシ 20㎝

すくったワタリガニ

ダメダメと思ってたんですが、こうして並べてみると、まあいいかな? なんて・・・

  

2008年11月 3日 (月)

灯台下暗し

まさにそんな感じです。 うちの近所の海。 だんだん面白さがわかってきて、時々朝夕出かけてます。 ここんとこの状況をまとめて・・・

10月29日 夕方。 東側の堤防でフッコ2匹。 夕方は初めてかな? ボイルやライズ、鳥山等の目に見える兆候はなかったけど、なんとか・・・

10月30日 朝。 東側。 いや~すごかった、すごかった。

P1040800 初めはダメだったんですが・・・ 遠くの沖にはものすごい鳥山。 その一部がだんだん近づいて来て、一気に爆釣モード。 堤防全体がフッコに沸きました。

ルアー選ばず。 遠近関係なし。 沈めてる途中でバイト、バレたルアーにすぐ別のフッコがバイト、何度でもです。

誰かネット持ってないー? なんか私掬う係に・・・ 

P1040803 50㎝位が中心なんでなんとか今までは抜けたんですが、今度は少し大きいのがヒット。 私もネットでランディング。 すかさず誰かがメジャーをあてて・・・ 61㎝、この辺では2番目、らしいです。 ちなみに1番ビッグなのは、その人の67㎝でさっき私が掬ったやつ。 それからはメジャー係りになったようです。

こんなことはあんまりないんで思いっきり楽しんじゃえ~。

P1040801 気が付くと、堤防上はフッコだらけです。 横を見ると、ほぼ全員のロッドがしなってたりして・・・

私もいくつヒットしたか不明。 この辺の20人位の人が10匹づつ釣っても200匹か・・・ すっげぇ~?!

こんな状況ならフライでも釣れるんでしょうが、やっぱスペースが・・・ で、近くに立てかけてあったフライロッドが無いし・・・ 捜すと遠くにありました。 じゃまなんで、どんどん遠くへ追いやられたみたいです。 ロッド1本でもこんななんで、キャストなんてとてもです。

フッコ祭は1時間位でした。 晩も行こうと思ってたんですが雨でした。

10月31日 朝。 東側。 昨日の爆に味をしめての出撃だったんですがスカ。 ハハ、こんなもんです。 全体では2~3匹あがったようです。 それから、なんとイナダも1匹あがったようです。 イナダの大群も来るかも・・・ ワクワク。

11月2日 朝。 休日は路上駐車OKなんで西側の堤防。 スカでした。 イナダ情報が飛び交ったのかすごい人。 でも、人の割には低調ぎみでした。 昨日も東ではイナダがあがったとか・・・

11月3日 朝。東側。 今朝も静かなもんです。 ヒイカは釣れてるようですがフッコはさっぱり。 風も無くベタなぎ。 セイゴが時々ボイルしてるんですが、フッコは何処行ったー?

これからも、時々様子見にいこっと・・・ 

      

2008年11月 2日 (日)

イナダうまっ!

10月31日 鴨川付近から房総一周ロード。

鴨川付近。 心配された強風もなく穏やか。 満潮まわりで好条件だったんですが小アジ。 食う分ゲットで南へ。

南房。 南よりの強風が吹き始め雨も降ったり止んだり、下げに入ってますがなんとか間に合ったって感じ。 まだクリアでライズしてる場所も・・・ 尺まじりで各所2~3匹ずつ。

干潮時には濁っちゃいました。 各港にスズキが入ってきてます。 このシーズンはスズキも狙っちゃいます。 スズキはアジがダメな干潮時に活性が上がるようで丁度いいです。 港内のあちこちでトウゴロウがザーッと逃げて、時々ガボッて・・・ 泳ぎ回るスズキの魚影も注意してると見えてきます。 でかっ!

ベイトのトウゴロサイズのルアーをキャストしているとヒット! ドラグが鳴ってでかそう・・・ でしたがフックが伸びてばれました。 初めからついてるフックは信用できん! 小さめルアーだってでかいのがかかるのに・・・

再びヒット!

P1040811 フッコ

今度は簡単に寄って来ます。 エラ洗いなんかもしたんですが、おそらく港内最小のフッコ。

ま、年内は何度もチャンスはあると思うんで・・・

潮が上げ始めたようです。 アジングポイントは濁ってました。 が、ポツポツあたるんで、これからは濁っててもあきらめないでやろうかな・・・

朝は小アジを餌に内房でのんびりイカ狙い。 ちょっと餌用にしてはアジが大きすぎるのか? イカがいないのか? ヘタなのか? 全く当たりなし。

風も北西風に変わって相変わらず強めです。 小魚がザーッとボイルして鳥もさわいで、海がざわついてきました。 青物の気配が・・・

持ってかれた~ 

ジグをフルキャストの限界巻き。 のんびりなんてしてられません。

いくらキャストしてもかすりもしません。 ザーッと小魚がこっちへ来ます。 でテトラ際でボコボコと・・・ どうも青物は小魚を追い込んでテトラ際で食ってるようです。 ボコボコの時がチャンスかも・・・

また来ます。 キャストしたいんですがこらえて・・・ 足元でボコボコが始まりました。 ヒョイっとキャスト。 近すぎてうまくキャストできず、ボコボコから離れたところに落ちました。 いっけねー 急いでやりなおしー。 と思ったらヒットしてました。 ラッキー!

これならフライでいけるかも・・・ タックルをフライに変えてタイミングを待ちます。 何度めかのボイルでついにヒット! 非力なフライロッドでは寄ってきません。 逆にだんだん遠くへ・・・ テトラ沿いをいかれてリーダーがプッツンでした。 

体制を立て直して、再チャレンジ中に、目の前に網が入ってしまって・・・ 終了しました。 のんびりするつもりがヘトヘトです。

この次はフライで・・・

P1040817 イナダ 48㎝

アジ 最大 32㎝

尺4匹でした!

.

.

P1040821 アジストマック

バチ 1.5㎝以下

プランクトン 5mm以下

ミノー無し

.

イナダは脂がのってて美味かったー。 時期的なのかサイズが良かったからなのか? 今までに釣れたイナダ、ワカシは今一でした。 持って帰っても人気が無くて、いらない宣告一歩手前。 でも今回は大人気。 もっと釣ってー でした。 了解です!

.

・今日の常夜灯

P1040812 アジ  

  

   

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ