« 2008年 初釣り | トップページ | じっとしてられない・・・ »

2008年1月11日 (金)

ドブフライ

フライフィッシングといえば・・・ 普通は渓流や湖でサケ科の魚を対象にやるやつ。 きっと誰もがイメージするのがこれでしょう。

最近ちょっとやる人がでてきたのが(自分以外見たこと無いけど・・・)海フライ。 海にはいろんな魚がいるし、可能性は無限大。 そのうちどこ行っても見かけるようになるかも・・・

だけど、忘れていませんか? 渓流と海の中間。 最も身近な水辺といえば・・・ そうそう、ドブです。 沼や池も有りかな?

ドブって、きったなーい、くっさー、ってイメージがあるけど、そうでもないですよ。 最近の都市近郊なら、下水道が完備されてて、意外ときれい。 神田川にアユが棲むようになってきてるぐらいですから。 うちの前のドブも、以前はヘドロがたまってて、風が吹くと悪臭が・・・ 魚なんかいなかった? いたかもしれないけど見る気がしなかった。 って状態だったんだけど、今は砂底で、アユやウグイが結構いたり、秋にはハゼがたくさん。 手長エビも歩き回っています。 ただ、ニシキゴイなんかを放流しちゃったんで釣禁です。 今はどこでもこんな感じで、棲んでる魚の種類も量も渓流より多いし、きっと何かが釣れるはず。  それに、渓流で尺は難しいけど、ドブでは尺はあたりまえ、50、60だって、タックルさえちゃんとしとけば狙えます。 禁漁もないし、入漁料もいらない(?)し、行きたいときに行けて、交通費もほとんどかからない。 いいことづくめ・・・ では?

後は、ほんの少しの勇気があれば・・・ 

私の場合は、渓流が禁漁になって暇だったんでバスでもと思って行ったんですが・・・ ポッパーをポコポコやってると、バスはバスでもシーバスが暗くなるまで釣れ続いて・・・ 通いました。 シーバスがいなくなってもコイ科の魚がずっと楽しませてくれました。 

ライズがあればドライで、無ければいそうな場所をルースニングで・・・ フライマンの目があれば、魚の居場所はすぐわかると思います。 フライは何でもいいんじゃないかな? 手持ちのフライを駆使すればきっと・・・

1月11日 ってなわけで、週末は天気が悪そうなんで今のうちに、朝だけちょっとドブフライ・・・

今日はルアー1名、餌1名、ヘラ師1名ってとこかな。 狙いはフナ。

潮止めの提下は一番のポイント。 コイの魚影はたくさん見えるんですがフナはいないようです。 コイを狙ってもいいんですが、消耗戦になるんで今回はなるべく避けて・・・

P1020962 こんなとこ

.

.

.

.

橋げた周りに黒い魚群発見。 底の方は塩分濃度が高いんで浮いてます。 群の前半はコイ中心ですが後半はフナ中心のようです。 射程圏ぎりぎりってとこ。 橋げたにぶつけて際を流すと、インジケーターがスッと沈んでヒット!

P1020953 フナ 35cm位

.

.

.

.

もう一匹。 群を散らさないように引き離してランディング。

P1020961 マブナ

.

.

.

.

次にコイがヒット。 さんざん暴れまわって、フックをのばして逃げて行きました。 コイを避けてフナだけ狙う作戦だったんだけどこれで失敗。 フナの群も移動して射程圏外に行っちゃいました。 今日はこれまでにしとこう。

散歩がてらに出かけられて、魚を捜して、作戦ねって、ヒットまでの緊張感に魚とのやりとり、こんな一連の動作が手軽に味わえます。 近くのドブは宝の山だ!

  

 

   

« 2008年 初釣り | トップページ | じっとしてられない・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2008年 初釣り | トップページ | じっとしてられない・・・ »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ