« DAY 鹿島 | トップページ | 今度はさっぱり »

2007年9月18日 (火)

ケタバス調査

9月16日 鹿島を早上がりして、下道で帰宅途中。 時間があるんでどうしようか? キャットフィッシュ用の準備してくるの忘れたし・・・ そうだ、ケタバス(ハス)どうだろう? ちょっと暑いけど佐倉付近で寄り道して調査しました。

前回、ケタバスの姿は確認できたんですが、フライを無視して追っかけあいに熱中していました。 今回もその付近を観察。

P1020328_2 水路

川幅 7m位

.

.

.

相変わらずスジエビが多く、岸沿いはエビだらけ。 そのエビをニゴイがジュビジュババッと下品な音をたてて吸い込んでます。 流心部でもエビがピピッてはねてバシャとライズも。 ケタバスだ! 今回はいけそうです。

ライズのあたりにドライを流します。 フライの下でキラッとするんですがでません。 動きが速くて、一瞬でフライの下から消えています。 ドライをピピッと引っ張るとチェイスしてきます。 何度目かでようやくヒット。

P1020321_2 ケタバス(ハス)

.

.

.

.

別ポイントではドライが着水した瞬間に食ってきます。 水面上の虫も見えてるようです。 目が良くて、動きも速い、大きいやつはアユも食っちゃうフィッシュイーター、コイ科の異端児、好きだなー。

P1020326_3魚体はオイカワ

への字の大口

ふてぶてしい面構え

カッコイイ!

.

ここで数年前、クルメサヨリもミッジで釣れたんだけど、最近は何処へ行っても見かけないなあ。 

今日は暑いんで、釣れるのを確認して終了。 また来よう。

P1020327_4

 

« DAY 鹿島 | トップページ | 今度はさっぱり »

コメント

 オイカワとはちがうんですよね?いろんな魚の魚影が濃くてうらやましいです。楽しそうですね。

>poteさん
似てるけど、大きくなるし(30cm以上)、口が違います。
歯は無いけど、グキグキってなってて、くわえた獲物は絶対逃がさないって感じになっています。
琵琶湖周辺に棲息していたんですが、アユの放流に混じって全国に広がった魚です。
いまいちマイナーですが・・・
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« DAY 鹿島 | トップページ | 今度はさっぱり »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ