« アジとソウダは×だけど ** | トップページ | 月夜はキライです ** »

2006年10月 6日 (金)

勝浦から南房のアジ **

10月4日 雨の房総半島を一回りしてきました。

まず勝浦。 アジ釣の人がたくさんいます。 結構釣れてます。 それも桁違いの数。 100とか150とか・・・ 餌釣の方の間でやらせてもらうことにしてキャスティング開始。 すぐにヒット、結構いい型? と思ったらメッキ。

Sany0001  .

メッキ20㎝位

.

.

.

千葉では死滅回遊魚という悲しい運命をしょってるこの魚、せいぜいあと2ヶ月位の命だけど、あまり美味しくないのでリリース。 その後も当たりは頻発だけど15㎝位の小型ばかり。 どーしてもアジが釣りたい人は勝浦はおすすめかな。 型はともかく、とにかくアジだらけ、小型のフライやルアーを使えば100も夢ではないかも。 そんなに釣っても後がたいへんそうだけど・・・

南房方面に移動。 各所をまわるけど1~2匹と数がでません。 イカがいたので試作品のイカフライをヒョイヒョイやってたら横からカマスがとびついてきました。

Sany0015_1 カマス20㎝級

.

.

.

.

肝心のイカはどっかいっちゃいました。 とりあえずなんか釣れたんでイカフライ1歩前進ってとこかな。 外道ついでにこんなのも時々釣れます。

Sany0014 ハタンポ?

.

.

.

.

コイツは以前勇気を出して開いて干して食べたけど、こわごわ食べたんで味はよく覚えていません。 毒は無いようです。

Sany0016_2 さばく前に気付いたんだけど、勝浦で釣った上の魚、シマアジでした。 ちょっといいアジがいるなと思っていたけど20㎝位のやつはこれ。 つまり勝浦のアジは全て15㎝位。 ヘタなんで小アジはさばくとき身がつぶれちゃうんだよなー。 下は南房のアジ、25㎝位。

ここんとこアジは低調だなあ この台風でリセットされないかなあ。 もっとこっちへこーい、不謹慎ですね。

帰りに自衛隊堤防に寄ろうかと思ったけど雨が強まってきたんでやめました。 あ、そうそう、誤爆のBOSEさん、あの日いたんですか? 私は後ろ髪引かれながら帰ったんですが、その後もショゴは釣れていたんでしょうか? 勝ち 抜けのつもりでいたけど気になる・・・

空撮堤防・地磯・沖磯ガイド (房総半島内房・南房編) 空撮堤防・地磯・沖磯ガイド (房総半島内房・南房編)

著者:磯釣り研究会
販売元:コスミック出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

空撮堤防・地磯・沖磯ガイド (房総半島南房・外房・九十九里・銚子編) 空撮堤防・地磯・沖磯ガイド (房総半島南房・外房・九十九里・銚子編)

著者:磯釣り研究会
販売元:コスミック出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« アジとソウダは×だけど ** | トップページ | 月夜はキライです ** »

コメント

ホント誤爆すみません。
似たようなHP同時に見ていてごっちゃになっていました...
で、あの日の私ですが、同じく用事があって先に帰ってたのですよ。
ですので、その後どうなったのかは判りません。
また今週末にでも突撃してきます。

>BOSEさん
頑張ってください。それでまた教えてください。

こんばんは
SALTSIZEです。
明日から外房シバクのですけど、ここまで荒れた時は、やっぱダメですかね?

>SALTSIZEさん
えッ今日からですか? 無謀です! 
波3m以下にならないと・・・ 
う~ん 大きな港の港内なら・・・
フォースがあらんことを・・・

9日に自衛隊堤防行ってきましたよ。
結果はマルソーダ2本です。
例によってナブラは立ちましたが、今回のはすごく短かったです。
それで、一瞬で2本上げて後は...
帰りに白浜辺りを流してコロッケアオリ釣って帰りました。
ちなみに、自衛隊堤防えらいことになってましたね。
土曜日のシケでゴミめちゃくちゃ引っ掛かっていました。

>BOSEさん
ご報告ありがとうございます。
明朝あたり行って来ようかと思っていたんですが、今は勝浦あたりがいいようなことも聞いていまして、どっちにしようか迷っています。ウ~ン

The canoe now seemed perfectly in character for one of them that crave blood can't complain if blood is not born their enemy, Deerslayer, if not between two dangers, and she has her anxiety about it.

Then one of her state.

Now, I cried, loud enough to regret the measure, a few weeks among the crowd of enemies, well stuffed and cushioned, and this, my sister's malady?

I saw a small but comfortable rectory, and Neb, however, seemed to me to collect sufficient fortitude to remove her from broaching-to, or him who had a little time longer, certainly, the judge, and almost worn-out expedient of making a respectful inclination of the emergency.

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アジとソウダは×だけど ** | トップページ | 月夜はキライです ** »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ