« 出ました!尺アジ ** | トップページ | 最後の川 黒谷川F.F. »

2006年9月25日 (月)

自衛隊堤防でリベンジ **

ダブルヘッダー第二戦、アジ編のつづきのソウダ編。 前回完敗でおぼえてろよォで終わったソウダガツオ。 今回は反省点を改善して万全の体制で臨みました。

既にアジ大漁なんで気分もいいし事前準備も完璧。 近所の釣具屋でバケを買おうと思い行ってみたけど、どれもシンプルでチャッチイ。 ほんとにこんなんで釣れんの?って感じ。 これならオリジナルのジグヘッドバケを改善した方がよっぽどイケソウな感じなんで、買わずにタイイングすることにしました。 重めを中心にいくつかそろえて来ました。

いざ、出撃! 余裕を持って暗いうちに堤防へ向かう。 平日の午前3時なのに、前回同様外向きにアジ釣師がびっしりで場所が無い。 一晩中こんな状況なのかな? このツリキチめ(人のことは言えない)。 内側でやらせてもらうことにしてちょっとキャストしたけどだめ、真っ暗であまりやる気もしないので、アジ釣を観察。 暇そうなアジ師によると夜明け前が一番イイらしい。 明るくなってソウダが来るとアジがいなくなってしまうソウダ。 こんなにびっちりで、よく自分のうきがわかるもんだ、それに隣とおまつりしないのかな? 実はこれ、嵐の前の静けさってやつで、アジタイムが来ると状況は一変。 やっぱアジがかかるとおまつりさわぎ。 今までのんびり仲良さそうだったのに、おまつりしちゃうと大変。 この赤いウキは誰のだーなんて、みんな赤いよナ。 時合いは短いらしく、結構殺気立ってる。 おまつりしちゃうとアジがかかってない方の仕掛けは切らざるをえない状況。 切られた方は戦意喪失で帰る支度。 帰りながら他の人にぶつぶつ。 釣れた人も仕掛け再生に時間がかかってぶつぶつ。 思ったとおりだ。 その脇で入れ食い状態の人も・・・ 釣れてるアジは私の方がちょっと大きいかな? ヘヘ。 どうも20匹位が目標らしい。 私はもっと釣ったゾ。 へへ。

明るくなると、アジ師にソウダがかかり始める。 そして、ジュバジュバッと海面を切り裂くソウダが見え始める。 ここであわてて目を三角にしてキャスティングを始めちゃダメダメ。 アジ師とソウダ狙いとの場所入れ替えが始まります。 前回余裕が無くて気付かなかったけど、アジ師はソウダが来るとすぐに帰り始めてあちこちに釣り場が空きます。 その後に入ればいいので、結構自由に場所入りできます。 暗いうちに来なくても余裕、明るくなってからでOK。 作戦通り先端入りは成功。 すぐにヒット! さすがカツオ、ギュンギュン走っていい感じ。 ネットですくって一安心。 今日は回遊が少ないらしいけどとりあえず釣れます。 別に先端じゃなくてもあちこちでヒットしてるし、アジ師のようなピリピリしたムードは感じられません。

Sany0040_1

35㎝の初ソウダガツオ

.

.

.

.

すでにアジでクーラー満タンなんで氷を少しどかさないともう入らない、むりやり押し込んでふたをして、今日はこんなもんでいいか。 リベンジ成功。 これから帰って10時半には打ち合わせが・・・ 結構しんどー。

Sany0039_3 あまり旨くないとのことでしたが、さしみで結構いけました。 身も多いし、アラもスープでうまかったです。 今度はしっかり血抜きしよっと。

.

.

空撮堤防・地磯・沖磯ガイド (房総半島南房・外房・九十九里・銚子編) 空撮堤防・地磯・沖磯ガイド (房総半島南房・外房・九十九里・銚子編)

著者:磯釣り研究会
販売元:コスミック出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

空撮堤防・地磯・沖磯ガイド (房総半島内房・南房編) 空撮堤防・地磯・沖磯ガイド (房総半島内房・南房編)

著者:磯釣り研究会
販売元:コスミック出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

    

« 出ました!尺アジ ** | トップページ | 最後の川 黒谷川F.F. »

コメント

いつも拝見させて頂いております。
SALTSIZEです。
すばらしい充実ぶりですね~
僕は、まだ外房南房ともに引き出しが少ないので、いつもスカばっかりです(笑
大体いつもペリカンさんと、そちらに出掛けているので、是非一緒に釣りしましょう^^
っつか、教えてください(爆

>SALTSIZEさん
ペリカンさんのブログで皆さんの活躍をいつもみてます。とても楽しそうでうらやましいです。ご一緒したいです。地の利をいかしてこれからも行きまくります。尺アジポイントもいくつか案内できますよ。この雨が止んだら今週も行きます。

日曜日は、忍野に掃除しに行くので、10月の3連休に出撃する予定であります。
お会い出来ましたら、よろしくお願い致します。
あ、目印は”フライロッド振り回してる人”です(笑

狭い堤防でフライやるのはどうかと思います。
富浦の北係船でフライやっている人いましたが
危険極まりなかったです。投げるときって後ろちゃんと目視してますか?

2009.8.28にコメントいただいた方>
既に終了していたブログのため、気付くのが遅れてすみませんでした。
この記事でソウダを釣った時は、ジグヘッドにタイイングしたルアー? を使用していたため、ルアーロッドでのキャスティングでした。 わかりにくくてすいません。

私の場合は、人の多い堤防ではルアーをやります。  人が多くなくても、ラインが後方にいかないロールキャスト等をしています。 人がいない時や広大な場所でのみフルキャストをしています。 当然後方は注意確認してです。

多数の釣人がひしめく堤防で、後方も確認せずにフルキャストをしているフライマンがいれば、それは大変危険な行為です。

私はあまり海で同業者にお会いしたことがないんですが、今後海フライも増加してくることも予想されます。 シャドーフィッシングⅡでも、折をみて、安全なフライフィッシングをすすめていこうと思います。
ご指摘ありがとうございました。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 出ました!尺アジ ** | トップページ | 最後の川 黒谷川F.F. »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ