« 波3m以下ならOK 房総アジ** | トップページ | 出ました!尺アジ ** »

2006年9月20日 (水)

自衛隊堤防はえらいことに **

9月15日 館山で青物が釣れているらしいので行ってきました。 青物狙いは初めてなのでどんなもんかな?

暗いうちに現着。 余裕をかまして仮眠。 しらじらと明けてきたので堤防の方を見ると、なんとなく人影のようなものが、それもズラーッと。 あわてて支度して堤防へ。 すでに人だらけ、シャイなんでこういうとこ苦手なんだよな・・・ 割り込みできそうもないので釣り人を観察。 電気ウキを投げている。 こませかごの下にサビキ。 アジが釣れている様だ。 そのうち2人が帰り支度を始めたのでそこでやらせてもらうことにしてようやくエントリー。 しかし、右隣のウキが流されてまん前に、巻き始めたのでキャストしようとすると左隣の仕掛けが飛んで来る。 みごとな連携プレー、隙が無い。 左右とも常連さんらしいので外側(ほぼ全釣人が仕掛けを投入)はあきらめ内側で始めることに。 

私の青物釣のイメージでは、なぶらに向かってジグをキャストしてバリバリまいてくるというもの。 今回の必殺仕掛けは、日本古来のフライであるバケをイメージしてジグヘッドに直接タイイングしたフライとアジ用のドロッパー。 なぶらは見えないけどとりあえずキャスト。 深さを探るためカウントダウン。 底に着いたようなのでしゃくりながら巻き始めたら、動かない! いきなりやっちゃったか? と思ったらグイグイ動き出した。 何だろう? 底付近なんで青物ではないけどかなりでかそう。 ドラグをジージーいわせて寄ってきたのはスズキ。 70位ありそう。 聞いてないよ、しかもドロッパーに・・・ 青物といっても30㎝位だからゴボウ抜きのつもりでいたためネットは車においてきた。 誰か気づいてくれないかなと思って後ろを見ても、皆さんアジに夢中だしネットももってなさそう。 切れちゃいました。 切れた付近はザラザラになっていました。 スズキは小フライの場合、取り込みに時間かけると歯でラインが擦れるんだよな。 ネットをとりにもどろうかとも思ったけどせっかくの場所がなくなりそうなのであきらめる。

しばらくすると、ジュバジュバッと海面を切り裂くように動く魚がいる。 狙ってキャスト、何投目かでゴーンてかんじでヒット。 足元でバレる。 今のはカツオだ。 その後もライズ?がちょうど私のまん前でジュバジュバッと続いている。 2度ヒットしたがすぐにバレる。 内側は誰もやってないけどいいのかな? たまたまなのかな? 今のうちに・・・ 表向きのアジ師が気付き始めたと思ったら、ジェット天秤やら飛ばし浮きが右から左からビュンビュンと・・・ 皆さん手馴れたもんですばやい。 私の荷物をかってにどかしてビッタリ隣にもじいさんが・・・ 敬老の日も間近だし甘く見てたけど、長大なロッドで右に左にビュンビュンとキャストしバリバリ引っ張って次々とソウダガツオをゲットしていく、おそるべし。 じいさんのバケツ(小さな水汲み用のヤツ)から飛び出した血だらけのカツオが私の荷物のまわりでビチビチしている。 荷物が魚臭くなりそうでやな感じなんでバケツに入れなおしてやる仕事が増えた。 そうこうしてる間にカツオタイムは終了。 隣のじいさんの隙をついて必死でキャストをしてたんですがかすりもしませんでした。

反省点としては、場所確保の失敗、バレやすい、飛ばないの3点。 場所は暗いうちから、できれば隣がいない先端だといいな。 市販のバケを買って観察してみよう。 ジグヘッドはもっと重いものを使おう。 それからネットは持って行こう。 この辺を気をつければ確実にゲットできるゾ。 

カツオタイムが終わっても、あきらめきれずまだキャストを続けていると、風が徐々に強まり、波しぶきも・・・と思ったら、隣のジジイ、人の風上でなんてことを! チックショ~ とっとと撤収。 今日は完敗だったけどこの次はおぼえてろョ。 よぼよぼじいさんにキヲツケロ!      

« 波3m以下ならOK 房総アジ** | トップページ | 出ました!尺アジ ** »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 波3m以下ならOK 房総アジ** | トップページ | 出ました!尺アジ ** »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ