« 夕立後がスゴイ! 忍野F.F. | トップページ | 長万部と国縫の港 ** »

2006年8月20日 (日)

北海道のイワナはキレイダ!

Sany0028_3 この写真でわかりますか? ビックリです!? キレイダ! 美しい! この微妙な色と複雑な模様、まさに川の宝石です。

8月14~18日 長万部で仕事。 荷物が増えるし、どうせたいしたもんは釣れないだろうから渓流のタックルを持って行くのはやめようかとも思ったのですが、最低限の物を持ってきて良かった。 海の状況が悪そうなので、夕方はTさんと大ちゃんとで後志利別川へ。 初日、Tさんはアユ狙い。 大ちゃんと私はフライで開始。 開始早々ピンコヤマメの連発。 フライをでかくしてもダメ。 荷物になるからウェーダーは持ってこなかったので河原の移動もツルツルでこけそう。 苦労してポイントを移動してもピンコだらけで戦意喪失。

Sany0011 川はピンコだらけ

.

.

.

.

Tさんもアユに切られたとかでウロウロ。 2人で大ちゃんを捜すと未だ夢中でロッドを振っていた。 状況はイワナが2匹、キレイでした とのこと。 北海道のイワナはアメマスの小さいヤツと思っていたので、大ちゃんの言葉はそのときはあまり信じていませんでした。 ただ、ピンコだらけのこの状況でイワナを釣る集中力はスゴイ!

河原の広い下流に移動したけど小アユがドライで1、後はピンコだらけの状況は変わらずでした。

2日目は本流の上流部に入ったんだけどやはりピンコ。 最終日はどうしてもイワナが釣りたかったので、初日に大ちゃんが釣った支流へ入るがピンコの嵐。 諦めて大ちゃんの様子を見に行くとイワナがまた2匹。 ウ~ン、ネチッコイというかたいしたもんだ。 最後だし、大ちゃんに負けっぱなしというのもまずいので、一矢を報いるためにも、魚道の無い堰堤上流へ。 もうここまで来れば、ピンコはいないはず。 やっと落ち着いて出来そう。 堰堤の下で大きなライズとともにフライが消える。 ピンコばかりだったのでかなりの大物かと思ったんですが25㎝位のイワナ。 フライ丸呑みでかなり野性的な性格だけど、メチャメチャキレイ。 しばしみとれる。

Sany0026_1 美的センスのかけらも無さそうな、あの大ちゃんがキレイでしたと言ってたので、聞き流していたけど、ほんとにキレイでした

.

同所で同サイズを3匹。 最終日に釣れて良かったョ。 

海編は後日。 

    

 

« 夕立後がスゴイ! 忍野F.F. | トップページ | 長万部と国縫の港 ** »

コメント

はじめまして、山梨甲府のヨシーズです。
きれいな岩魚の写真、おもわず壁紙にさせてもらいました。
フライマンですが、このところまるで川に出かけてません。
ずいぶん前ですが北海道の大雪ダムでドライでいい岩魚(アメマス)をつったりもしました。
楽しそうでうらやましいです。
来年はまたフライマン復帰します。

得意わざは(大きい声では言えませんが)ドライをインジケーターにしたウェットの枝ばり仕掛け、むずかしい面もありますが効果抜群。

エルクヘアカディスかディアヘアカディスでしょうか?岩魚の写真。
開田高原か川上村か相木村か地元の須玉川か、そんなところがホームです。

エルクです。北海道在住の大ちゃんのもっていた道内の釣新聞にこの川でのイワナ釣はエルクヘアカディスがイイとでてました。

大きい声では言えない技っていいですよね。実はタイトルのシャドーは元々ジャドー(邪道)だったんです。いろいろやってますよ。大きい声ではいえないけど・・・

川上村や須玉川は昔はよく行ってました。今後とも宜しくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夕立後がスゴイ! 忍野F.F. | トップページ | 長万部と国縫の港 ** »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ